テーブルの上での『丸め』

今回はテーブルの上での丸め。

違う所はといえば、

手のひらの上は下で支えている手のひらの摩擦がしっかりかかる事。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ネットパン教室用動画。

メゾンムラタさん(@maisonmurata)がシェアした投稿 –

前回は手のひらの上での丸めをしましたが、

テーブルの上だと、粉が多すぎるとスルスルと滑って丸めれない所。逆に粉が少なすぎるとベタベタとくっついて、丸まらない事。

粉の適量掌が生地にかける摩擦の関係がわかるまで少し時間がかかりますがゆっくりと成長しましょう。

出来るだけ丸め始めた位置と丸め終わった位置が同じになるように心がけましょう。→生地を締める中心点を決めることに繋がります。

このお話はまた別の機会で。。。